60.限定的念力

電子書籍を書いています、楠田文人です。
 電子書籍はこちら >>

早目の授業が終わって帰る途中、駅で平井に会った。
「やあ」
「戸田はもう帰り?」
「今日は授業が終わりなんだ」
「さっき朝倉に会ってさ、剣道場に行くって言ってた。あいつ、いつもさむらいの格好してるよな」
朝倉は、さむらいが普段の生活に染み込んで来たらしい。
「近所の神社で早朝稽古をしてるんだって」
「テレビの見過ぎだな」
平井は教科書とノートだけでなく、大きめの水色の封筒を持っている。曲らないよう大事にしているところを見ると、大学の書類ではなさそうだ。
「その封筒は?」
「五級に受かったんだ!」
平井は嬉しそうに言った。
「五級? 何の五級」
「限定的念力使用許可五級。一般の部だけど。総務に見せて許可を貰って来たから学内でも念力が使える」
「念力? 使う?」
「戸田は知らないか。念力の使用が許可制になってるのは知ってる?」
何となく聞いたことがある。
「うん」
「その、一般の部の五級に受かった。使用許可の場所は限定的だけど、その範囲なら使っていいんだ」
戸田はにこにこしながら、封筒から出した許可証を見せてくれた。
「一般の部 平井正和殿 限定的念力五級の使用を許可する。精神労働大臣阿部晴明」
表彰状みたいだ。
「へぇ!? 一級まであるの?」
「そう。卒業するまでに三級は取りたいんだけどね」
「使用許可ってことは、平井は念力を使えるんだ?」
平井はそれに答えず、ポケットからビスケットを一袋取り出した。そして手のひらに乗せてじっと見詰めると、ビスケットはふわっと宙に浮き、そのまますーっと改札口に向かって飛んで行くではないか!
「凄い!」
通り掛かった女子学生のグループが
「わーっ!」
「見て見て!」
「すっごーぃ!」
と声を上げた。ビスケットは一瞬ふらついたものの、いずまいを直して正しく飛び、自動改札機に辿り着いた。もちろんビスケットなので自動改札機には入らない。
固唾を飲んで見ていた人から
「わーっ!」
ぱちぱちぱち、と拍手が起こり、周りに居合わせた人や足しげく通り過ぎる人は、何事かと振り返って見ている。
小さい女の子が言った。
「ママ、私のビスケットは?」
「ここよ」
お母さんがバッグから割れたビスケットを出して見せた。女の子は安心して改札口の方に向き直った。
「凄いね」
「五級だからな」
平井は照れているが、どことなく自慢気だ。
「人に迷惑を掛けちゃいけないとか、謝礼を貰っちゃいけないとか、色々規定はあるけど、講習を受けて実技試験があって、やっと許可証が貰えたんだ」

f:id:kusuda_fumihito:20190806155735j:plain

念力を使えるガーゴイルが登場するのは、鼻先案内犬8です。ガーゴイルは物体の質量を無くして、車でもタンスでも重さに関係なく動かせるので、三月堂さんピンチ!
 「鼻先案内犬8 ピンクのガーゴイル」はこちら >>

「一級って言うと、どのくらい凄いんだろうね?」
「見えないところにも念力が利くから、忘れた弁当を会社に届けたりできるらしい。それより凄いのは業務の部だよ」
「一般の部と免許が違うんだ?」
「業務で使える免許だから、一キロ以上離れた店から出前を届けるとか、 50m の高さでクレーンを操作する人に弁当を届けるとか出来る。カツどんをどんぶりごとスーパーカミオカンデに届けたって話を聞いたことがある。沢庵付きでだぜ!」
「へぇ! それは凄い」
言ってから余り凄くないことに気付いた。なんで食いもんばかりなんだ?

59.フルーツゼリーの栄養成分

電子書籍を書いています、楠田文人です。
 電子書籍はこちら >>
久しぶりにフルーツゼリーを食べました。容器のシールを見ると
「栄養成分表示(1 個 230g 当り)推定値 糖分…」
「推定値」成る程。食べたのは「どっさり 白桃」のゼリー。1 個ずつパッケージだから入ってる果物の量が違い、多いか少ないかの違いはあってもその範囲に収まってるってことでしょう。これはたくさん入ってる方だろうか。
昔、フルーツゼリーを初めて食べた時、果物よりゼリーが珍しくて果物を避けてゼリー食べたことを思い出します。そんなもの食べたことなかったですからね。水羊羹とかと店頭に並んでた。店屋ものの「冷や麦」に入っていた缶詰みかんとかさくらんぼも、おいしかった記憶があるけど、そう言えばこいつら、何故入っていたんでしょうね。ちょと調べてみる必要があるな。
水菓子(みづがし)と言う言葉をご存じですか。干菓子、焼き菓子、生菓子などと同じ使われ方で、羊羹、ゼリーなどの水分の多いお菓子を差したりしますが、本来は果物を水菓子と呼んだらしい。夏に食べる主に桃。無花果、梨、西瓜などがそう呼ばれたようで、フルーツゼリーは現代の水菓子にぴったりの気がします。内田百閒のお話にも水菓子が登場しました。お話「佯(よう)」の時代、明治とか大正、昭和初期には普通に使った言葉でスィーツより日本の夏に合う言い方の気がします。
 「佯(よう)」はこちら >>

突然ですが、お話を出版していただいている出版社マイカさんのサイトで、「娯楽小説」と言う括りでで登場させていただくことになりました。電子書籍を紹介していただいたり、このブログの内容そのまま紹介していただいたり、新しくサイト用にお話を書く予定です。
 マイカさんのサイトはこちら >>
イカの井上社長は PDA に造詣が深く、HP LX200 や、Palm をよくご存じです。私も LX200 や Palm はずっと使っていて、現在でもスマホPalm エミュレータ PHEM をインストールして時々動かしています(手元で m500 も動いてたりします)。Palm 関連の仕事をしてたこともあった。

f:id:kusuda_fumihito:20190727113904j:plain

そう言えば、氷イチゴやメロンのシロップがおいしくて、メロンソーダ水とかもよく飲んだことを思い出した。みかんやリンゴは当たり前の果物なので、合成っぽいイチゴやメロン味の方がよかった。当時は水に融かして作る粉末ジュースがあって、オレンジ、パイナップル、メロンで、これも合成味。一杯分入った袋の中身をコップに開けて、水を足すと見た目は普通のジュースができる。最近はスーパーの棚を探してもありません。
技術の日本のことだから、全然違うものに化けて使われてるかも。

58.未来のわらべ歌

電子書籍を書いています。楠田文人です。
 電子書籍はこちら >>

夏らしい風が通り過ぎた後、白い服を着たわらべが歌を歌い出した。 

「上野発の 夜行列車 降りた時から~」

「おっ! わらべ歌を歌う、わらべだ!」
先生は人差し指を口の前に当て、喋ってもいない私に向かって静かにするよう合図をし、体を茂みに隠してわらべに近づいて行く。わらべは、手に持った白い紙を折りながら、歌を歌っている。
「先生。わらべ歌じゃないと思いますけど」
「わらべが歌っているから、わらべ歌だ。希少価値のわらべだ。捕獲するぞ」
先生はわらべ獲り網を握り締めた。先生は捕獲が下手だ。遠くから、ボール遊びをする子供達の声が聞こえる。
「ここら辺は北国じゃないし、近くに駅もないんですけど…」
「わらべが歌っていることが重要なのだ。それに手に持っているのは折り紙だ。折り紙遊びをしながら、わらべ歌を歌う。由緒正しいわらべだ」
先生は、わらべ獲り網の棒を両手で握り締めてそうっと歩いて行く。棒を持つ力を入れ過ぎだ。あれじゃまた失敗するぞ。足元のわらびを踏みそうになった。

最近「わらべ歌」を聞かなくなりました。子供が外で遊ばなくなったことや、遊びの内容がサッカーなどに変化したり、家でゲームするようになったなど、歌の入り込まない理由が色々と考えられます。
「わらべ歌」は「ずいずいずっころばし」「かごめ」「通りゃんせ」「たきび」などが知られています。小さい子供が遊びながら歌う歌で、リズムのはっきりした歌はのんびりとした遊びに合わないため、遊びを変更するか、歌を変更するか二つに一つを迫られます。サッカーしながら、わらべ歌を歌うと呼吸困難になることを、わらべ達は本能的に知っているのでしょう。
海外でぱっと思い浮かぶのは「マザーグース」ですね。「ロンドン橋」とか「ハンプティ ダンプティ」。前者はロンドン市でなく地方のロンドン橋のことだとか、ハンプティ ダンプティは茹で卵のことで、落ちて割れちゃったんだとか、古くて歌詞の意味が判らなくなっているせいか勝手な想像をかき立てられて、推理小説の題材で登場します。

 謎の歌を題材にした「天神様御諫め歌殺人事件」はこちら >>
 宝を隠した場所の歌を題材にした「いかりのにわとり くれんどうの鍵」はこちら >>

私は急いで録音機のスイッチを入れた。
(草原にわらべが一人でわらべ歌を歌うなんて、滅多にお目に掛かれない場面だと思わんか)
(先生。録音してますよ!)
(いかん、いかん)

「連絡船に乗り~」

青函連絡船青函トンネルになったんだよな。わらべはそれを知ってるのだろうか)
(先生。余計な心配はしない方がいいです)

「壊れそうな かごめ見付け 泣いていました」

(歌詞が違うぞ)
(凍えそうな、カモメ見詰めでしたよね)
(カモメ見付け、じゃなかったっけ?)
(一瞬、信用してしまいそうになりました)
(わらべ歌として歌っているのだから、商店街の大売り出しで流れてるのを聞いて覚えたに違いない)
(だから?)
(耳で聞いて歌を覚える、と言う、正しい伝承形態を取っている。やはり、わらべ歌に違いない)

f:id:kusuda_fumihito:20190711110017j:plain 

「あ~あ。湊銀座は 夏セ~ル…」

「あ?」
先生は感動して立ちすくんでいる。
「聞いたか!? わらべ歌は伝承される、典型的な例だ。今後、数百年に渡りこの歌詞が伝承され、その頃には何を歌っているのか不明になっているだろう」
「『湊銀座の夏セール』がずっと残るんですね?」
「お神輿セールとか、銀杏祭りとか、歳末セールも伝えられて行くことだろう。我々は歴史的瞬間に立ち会っているのだ」
「…」