84.夏のトナカイ

電子書籍を書いています、楠田文人です。
 電子書籍はこちら >>
コロナがぶり返したような世の中、梅雨の空は曇り続きで外に出られず、他にすることがなくて冷蔵庫の整理をした。テーブルの上に広げながら冷凍食品の取捨選択をしていると、外で何やら動くものが視野の端に入る。
何だ!? 片付けの途中だったけど手を休めて庭を見ると、塀の隙間から道で何かが動いている。着ていた服が赤いことだけは判った。かすかに枝葉のすれる音、その人が出している音なのか、風が強く吹いていたからなのか判らない。まーしかし、特に何か問題があった訳ではないので、そのままにしていた。
昼過ぎにサンダルを突っかけて外に出てみた。赤い服が動いていた辺りに小さな緑色の紙袋が落ちていた。
「何だ、これ?」
薄い紙でできた袋で、そうだな、昔の駄菓子屋の袋か、秋葉原のガード下の店で部品を売る店がトランジスタを入れる袋か、祭りの夜店で商品を入れる袋に使われているような懐かしい紙の袋だった。ハトロン紙って言ったっけ。何か入っている。
そっと口を開けてみた。
「お守り?」
中に入っていたのは、硬めの紙に留められた小さな金属製のサンタクロースだった。ミニチュアか? ブローチではなさそうな。でっぷり太って横の丸太に腰掛けている。プレゼントの大きな袋は丸太の横に寝かせてある。
車の音が聞こえて来た。乗用車ではない、もっと大きなワンボックスカーの音だ。向こうの角を曲がってこっちに向かって来るのが見えた。世界的に有名な宅配便のマークが書かれている。
キィー! 隣のコンクリ塀の手前で止まり、降りて来たのはなんと! 三頭のトナカイだった。スーツを着こなしている。
「ここいら辺で落としたの」
「よしっ。しらみつぶしに探すんだ!」
「へいっ!」
どうやら一頭はメスで残りの二頭はオスらしい。二頭は車を降りた手前から大きな虫眼鏡を使って丹念に地面を探し始めた。
私はこの紙袋を探しているんだろうな、と思った。
「すいません」
トナカイはぎょっとして私を見た。尤も、トナカイがぎょっとした顔をしたのは初めてだったが。
「何ですか?」
トナカイ達は手を止めて近くにいたトナカイが聞いた。
「もしかして、探してるのはこれですか?」
私は先程拾った紙袋を見せた。
「あらっ! どこに落ちてたの!?」
「ありがたい!」
トナカイ達はこれを探していたのだ。
「中身を検めさせてもらって、いい?」
メスのトナカイが聞く。別に拾ったものだからとうなずいた。
トナカイは袋の中を見て安心している。
「ありがとう」
横から覗きこんだ他のトナカイも納得しているようだ。
「何ですか?」
私は思わず聞いた。トナカイ達は顔を見合わせている。言っていいものかどうか無言で相談している。
「いいでしょう。私達は反セントニコラス会のメンバーなんです。今年からサンタクロースが、プレゼントを配達するソリを引くのに馬や犬を使う事を検討し始めたため、それに対する反対運動をしているんです」
「鹿とか犬とか、猫とか狸に頼むって情報もあるんですよ。無理ですよね」
クリスマスが変わりそうだ。これもコロナの影響か。
「俺は、象に頼むって聞いた」
「ハムスターが候補に上がってるらしい。あり得ないし」
想像上のサンタクロースのソリはかなり賑やかだ。

f:id:kusuda_fumihito:20200711132343j:plain

帰り支度をしているトナカイが言った。
「クリスマスプレゼントを近所に配るだけでもたくさんあって大変なのに、サンタさんったら、世界中に配るんで、年の半分、こっちは準備でてんやわんやなんですよ」
「大変だね」
「サンタさんはプレゼントに関係ない季節、世界中を回って招待されて、いいですけどね」
物事には、裏のフォローがあって初めて成り立ついい例だ。しかし、さっきのサンタクロースのミニチュアは何だろう?
「サンタさんのミニチュアを拾う前に、実物大のサンタさんがいたと思うんだけど・・・」
私の言葉にトナカイはどきっとしたようだった。
「見られましたか。それは元の大きさのサンタさんです。そのサンタさんをミニチュア化しました」
「ミニチュア化!?」
「ソリを他の動物に引かせず、私達の要求を聞いてもらうためです。もう行かねばなりません。失礼します」
トナカイは宅急便のワンボックスカーに乗り込み発車した。私の知らない世界で争いが起きているのだ。

83.道端ノン・アルコール・ビヤ・ガーデン

電子書籍を書いています。楠田文人です。
 電子書籍はこちら >>
コロナ過で家にいることが多くなり、近所にどんな人がいるのか判って来ました。
向かいの老夫婦
自宅でお仕事をされています。最近になって独立していた娘さんが戻って来られました。
向かいの隣
こちらはご主人が亡くなって久しいです。時々息子さんが室内の整理に訪れています。奥さんも早くに亡くなったので、コロナが落ち着いたら処分されるのでしょうか。
斜め向かい
犬を飼っている老婦人。娘さん夫婦が近くに住んでいるようで時々見掛けます。
路地の人々
猫を飼っているお宅が並んでいます。割と昔から顔馴染みでした。猫絡みだったからかな。
隣の家
隣は元は一軒だったものが五軒になりました。
斜め向かいの家
こっちはもっと凄いですね。元は一軒だった土地に七軒建ちました。もちろん庭はなく、ほとんどが子供一人二人の若い夫婦です(そういう家族対象に売り出したんだろう)。

どの家の方か判らないけれど、近所で時々会う娘さんがいます。道端で会うと会釈するのですが、どの家の人か判らない。二十歳過ぎくらいで、仕事に出掛けるところに遭う感じ。昼間遭う他の家の方ではないし、会釈するくらいだからこっちのことを知っているのだろうし。う~む。判らない。
「後つけてみたら?」
「いや、出掛ける時に会うんでつけてったら家は判らないし、違う処に行っちゃうと思うんだけど」
「それじゃ、帰って来るところを見張ったら?」
「いつ帰って来るか判らないんで何時間も家の外で待ってたら、絶対怪しまれる」
「ご近所だから顔知ってるし怪しまれないでしょ?」
「ご近所だから、外で見張ってたりすると心配して声掛けて来ると思う」
「ご近所で顔を知ってることを前提にして、道端にテーブルと椅子を出して帰って来るまで待ったら?」
そういえば、うちの庭にステンレス製のテーブルと椅子がある。どの家にもありそうな定番のビヤガーデンタイプのやつです。あれなら、塀に沿って置けば怪しまれない。ただ座っているのは変だから小物で缶ビールがいるなぁ。
そうだ! いいことを思い付いた。缶ビールだとビールとはいえ、帰って来るまでたくさん飲んじゃってべろべろになり、役に立たなくなっている可能性がある。ノン・アルコール・ビールなら酔わないから、娘さんの帰りを待ちわびて家の前のテーブルで呑むにはちょうどよい。いいことを思い付いたと口角が上がって来た。

f:id:kusuda_fumihito:20200627133445j:plain

いつの間にかノン・アルコール・ビール・パーティを開くことが知られて客が増えて行った。庭にあった二つのテーブルと八脚の椅子を持って来て、交替で近所のコンビニから次々とノン・アルコール・ビールを買って来て(滅多に出来ない呑み比べだと思えばいい)、盛大に宴会が始まった。
当然、道行く人は知っている人ばかり。突然見付けて一杯だけ途中参加したり、そのまま居座ったりで、結構賑やかだった。

しかし、ノン・アルコール・ビール中心なのに顔を赤くして酔ってる人がいる。あれは何だったのだろう。因みに例の娘さんは帰って来なかった。別の道を通った可能性もあるため、ノン・アルコール・ビール・パーティは今後も開かれることになった。

82.うっとぉしい季節です

電子書籍を書いています。楠田文人です。
 電子書籍はこちら >>
日本語の表現で「うっとぉしぃ」「かぃがぃしぃ」「おどろおどろしぃ」と言う雰囲気が気になりました。梅雨の時期の言葉としては打って付けの気がしたけど、使われるのは限られた分野だけだし、余り使われないし。ならば似たような響きの言葉を考えてみよう。

「ぬっとぉしぃ」
「くっとぉしぉ」
「ずっとぉしぃ」
「むっとぉしぃ」
「ねっとぉしぃ」

う~む。嫌な感じを出していることは伝わるけど、嫌な感じ以外の意味を持たせられない。じゃあ、この嫌な感じをどう使うか。嫌な感じ専用の形容詞か。

「えーい、下がれ下がれ! このぬっとぉしぃ奴等め!」
「くっとぉしぃ奴め。ここに、控えおわす方をどなたと心得る! 先の副将軍水戸光圀公に在らせられるぞ」
ぬっとぉしぃ連中がわらわらと寄って来て、ご隠居様を取り巻く。
「えーい、下がれ下がれ!」
「ずっとぉしぃぞ!」
ご隠居一行に引き寄せられて集まって来たずっとぉしぃ連中が道を塞ぐ。助さん格さんは、触るのが気持ち悪いなぁと思いつつ、役目があるので、ぬっとぉしぃ連中を遠ざけなければならない。時と場合に寄っては、第一種接近遭遇になること止むを得ない。
「なんでこんなに、むっとぉしぃんだ!」
「助さんが、ねっとぉしぃからじゃ、ありませんかね」
「そうか! あれ? もしかしてあっしが悪いのか?」
「助さん。やっと気付いたんですかぃ?」
「そうだったんか…」
「いっつも悪いのは助さんじゃよ」
「ご隠居。そりゃねーでやんしょ!」
気分を悪くした助さんは、身を張ってご隠居を守るのを止めた。それを見たむっとぉしぃ連中はこれ幸いと、一層ご隠居一行に迫った。ところがご隠居一行を守るの止めても、理由はむっとぉしぃ連中に伝わらない。抵抗しなくなり邪魔がなくなったと勘違いした程度だ。

話が違う方向に向かってしまった。

f:id:kusuda_fumihito:20200613151146j:plain

「ご隠居。それじゃ、なんて呼べばいいんですか?!」
むっとぉしい連中を両手で避けながら、助さんは顔をご隠居の方に向けて聞く。ご隠居も杖でずっとぉしぃ連中を祓い除けながら答える。
「歳を取ると忘れっぽくなっていかん。なんと言う名前だったかのぉ?」
「ええい! 下がれおろぉ!」
格は両足をぬっとぉしぃ連中に掴まれて動けなくなった。
「わわっ! こっちも動きが取れなくなるぅ!」
「助けてくれぇ!」
ご老公ご一行に、うっとぉしぃ連中が覆い被さって行った。

なぁんて、嫌な夢を見て汗びっしょりで夜中に目を覚ます、ことのないように。