47.報道系と舞台系

電子書籍を書いています。楠田文人です。
 電子書籍はこちら >>
書籍のプロフィールで書いていますが、仕事でも趣味でも写真も撮っています。このブログに掲載している写真も全て自分で撮影したものです。
仕事ではコマーシャル写真、商品写真、建築写真などがメインで、昔のタングステンライト時代のスタジオを使ったこともありますし、それがストロボに変わって来たのを経験しています。フィルム性能が上がる前は大判カメラで商品写真、建築写真は 4×5(略してシノゴ)サイズのカメラを使うことが多く、8×10(エイト・バイ・テン略してバイテン)サイズも使いました。
お話の中で登場するカメラは、「雷猿」の主人公ヒロの先輩、岸勝が持っていた、一眼レフのアサヒペンタックス SV。
 「雷猿」はこちら >>
深大寺線物語」の新聞記者、栗原が持っていたニッカ 3s。
 「深大寺線物語2 天神様御諫め歌殺人事件」はこちら >>
どちらのカメラも持っていました。中古だけど。
コピーライターでは広告、カタログ、Web コンテンツ、ビデオ台本など色々な仕事をしました。ビデオは撮影でなく台本書きがメインで、一般向け紹介ビデオ、商品紹介ビデオ、会社紹介ビデオ、社員向け啓蒙ビデオの台本を書き、ディレクターとして撮影に立ち会うこともありました。
あるビデオで、道路で車が走る撮影(許可は取ってあります)、歩道でナレーターさんがしゃべるシーンがあって、撮影をし終わってスタジオで再生していたら、ナレーターさんのペンダントがちょっと曲ってた。それを担当の人に言ったら
「ああ、あの人は ENG 系のカメラマンです」
と言われました。ENG 系、って何だと思って調べたら「Electronic News Gathering」のことで、ニュース系のビデオカメラマンらしい。絵(ビデオ映像のこと)が撮れてることが重要で、中身は二の次になる。そうですよね。事件や報道の映像って、まず映ってなきゃ意味がない。撮影時に準備が出来れば撮っちゃう、って頭になっているのではないだろうか。
それとは別の撮影で、今度は会社紹介のビデオで撮影した時のこと、ビデオカメラの映像を小型のモニターで確認しながら行うのですが、画面にグラフを表示していた。輝度のヒストグラムのようでした。そして陰になっていたところをライトで起こしながら(明るくすること)確認してた。この時も担当の人に聞いたら
「舞台系のカメラマンです」
って言われました。絵作りを気にしているところが ENG 系カメラマンと違っている。こちらの場合はやり直しが効くから、ナレーターさんのペンダントを直してたでしょう。

f:id:kusuda_fumihito:20190206100741j:plain

スチルカメラで瞬間を捉えた有名な写真の多くは、報道カメラマンや戦場カメラマンが撮影しています。スチルカメラはビデオカメラと違い、瞬間を捉えることを目的にするので報道もスナップも、感覚が似ていて、ことに初期の写真はその傾向が強く感じられます。一方で商品撮影やモデルさんを使った撮影は、作り込みが必要になるので違います。
例えば車のカタログ用撮影では、スタジオでメインカットを撮るのに一日二日かかります。車は金属やガラスで出来ているので映り込みが多いため、撮影カットごとにスタジオの壁を丸ごと塗料塗って映りこみをコントロールします。映り込みがあるならスタジオを塗ってしまえばいいのです。塗料が乾くまで一休み。

46.ん? さぁて次はどうしよう

電子書籍を書いています、楠田文人です。
 電子書籍はこちら >>
このブログを始めるに辺り、苦労せずに続けるにはどうしたらいいか考えました。お話のこと、音楽のことなどを、お話の習作みたいな感じで気楽に続ける。一方で制約を科さないといい加減になってしまう。そこで、アイウエオ順に書くのは手だと思い、この 46「ん」で一通りアイウエオが終わったのでした。さぁて次はどうしよう。
ブログの中で、フリーメーソンが元は石工の組合から始まったのが判ったことは、「いかりのにわとり くれんどうの鍵」で使わせてもらったし、「猫と武蔵と小次郎と」も、ブログから始まったお話でした。
 「いかりのにわとり くれんどうの鍵」はこちら >>
 「猫と武蔵と小次郎と」はこちら >>
次から「あかさたな」を濁音にしてガザダバパで続けるってのはどうだろう。ギジディビピ、グズドゥブプと続く。難ありの気がするなぁ。
順番に続ける時の「順」には、どこか規律を強制し強迫的な雰囲気がありますが、元々人が持っている感覚なのでしょうか。小さい順、大きい順、高い順、おいしい順、長い順など順番を付けるのは人間の持つ基本的な感覚なのかも知れません。
音楽などはその代表で、数学的とも言われますね。音の周波数がそうです。基準となる A(A4)は 440Hz で、オクターヴ下の A は 220Hz です。もちろんオクターヴ上は 880Hz。
一本の弦を 1/2 にした時に、元の高さのオクターヴ上になり、それをまた半分にした 1/4 の高さが 5 度上になります。弦楽器を演奏していれば知っていますよね。
音の並びを音楽として受け取るのは生き物だけで、ロボットや機械はメロディと受け取らず音が並んでいるだけと受け取る、とも言われます。順番を付ける感覚に似てるかも知れません。
ベースの弦は低い方から「E A D G」と 4 度ずつ並んでいます。関係ないけど私は弾く力が割と強くて、ベース弦を切った(弾き千切った?)ことがあります。ギターが弦を切るのは見ることがあってもベース弦を切ったのは見たことないでしょう。それもライヴで 2 回。一度はブルースの途中で、A の弦を切って、それも A の曲だったので、代わりに上下の E の弦と D の弦で弾かなければならず忙しい思いをしました。一瞬、さぁてどうしよう、と思ったけどライヴは止まらない。

f:id:kusuda_fumihito:20190121085031j:plain

バンドを題材にしたお話を書こうかと思ったのですが止めました。色々知っているだけに、他のメンバーが見たら
「あっ、あれを題材にしてるな」
とか、
「誰某をモデルにしただろう」
と言われそうなので止めました。
昔読んだ、アート・バックウォルドのコラムにあった。ある作家が家族間で起きる揉め期とや不倫の話を書いたそうな。すると叔父さんや叔母さんから、なぜあの話を書いた、と小言を言われたそうです。
「本当に書いたの?」
「いや、違うんだ。シェークスピアをパクったんだ」
「…」
そう言えばシェークスピアの話って、家族の問題が多い。

45.Walkin'(ウォーキン)

電子書籍を書いています。楠田文人です。
 電子書籍はこちら >>
「Walkin'」は、マイルス・デイヴィス・オールスターズのアルバムです。横断歩道の信号機のジャケットです。
 Walkin' はこちら >>
ソロにエコーが掛かっているところが時代を感じさせます。バックがピアノ、ベース、ドラムだけで音が埋まってないから余計気になるのでしょうか。マイルスのソロは勢いで吹くのではなく、考えながら吹いてる感じで、普通なら
「D F G (キーは「Bb」)」
でそのまま上の「Bb」に行くかと思うと詰まって、下の「Bb」に戻る。予想してた流れを外された感じがします。かと思うと、別の部分でも同じフレーズの
「D F G 」
で始って、またちょっと詰まってから上の「D Bb」に行く。スタジオ録音の時に、他のミュージシャンが
「あっ、そっちに行くか」
って顔をするのを見て楽しんだのではないかと思ったり。ピアノが一瞬モンクっぽくてたどたどしいけどホレス・シルバー
このアルバムを最初に聴いたのは中学生でした。当時、私の席の周りのK君とH君もジャズ、ソウル、ロックが好きで、他の生徒がグループサウンズにハマっているのを尻目にK君はリトル・スティービー・ワンダーやライチャス・ブラザース、H君は MJQ やウェス・モンゴメリの話をしてた。少し席の離れたM君はクラシックが好きで、こっちはマーラーとかを聴いてたと言う、割と不思議なクラスでありました。
思い起こせば私がこの手の音楽に興味を持ったのは、家にあったレコードからでした。父親は全集ものが好きで、「文学全集」「百科事典全集」に始まり、ステレオの下には「世界の音楽全集」「クラシック全集」とかがありました。5 枚組「世界の音楽全集」のアメリカ編を聴いてたら、全く聴いたことのないジャンルの音楽があった。「Sweet Georgia Brown」と「Honey Sucle Rose」でした。
 「Sweet Georgia Brown」はこちら >>
 「Honey Sucle Rose」はこちら >>
これはサッチモとレナ・ホームですが、当時聴いたのはインストゥルメントでした。それまで小学校唱歌とかクラシックしか知らなかったのに、初めて聴いたブルースっぽい曲は驚きで記憶に残ってました。

f:id:kusuda_fumihito:20190109073711j:plain

関係ないが爪を切りました。切った爪が床に落ちたので拾おうとしたけれど、中々摘まめない。爪が短くなったから指先だけじゃ摘まめないんですね。爪がないとだめだ。これをジレンマって言うんだろうなぁ。思い出した。
眼鏡の小さなネジを締めようと、百均で小さいネジ専用のドライバセットを買って来ました。さて、眼鏡のネジを締めようとドライバを手にしたけれど、よく見えない。しょうがないのでまた百均に行って百円眼鏡を買って、それを掛けてネジを締めた。